運営団体

主催団体
「東京ベジフードフェスタ2015実行委員会」は、
NPO法人ベジカルチャーネットワーク内の事業の一環として運営されています。

vegcul_logo20150422_450x50

NPO法人ベジカルチャーネットワークとは

ベジフードの利点や魅力を多くの方に伝えると共に、
ベジフードの生産者、消費者などをつなげるネットワークを作ることで、
人々がベジフード中心の生活を送りやすい環境の促進を目指しています。
文化や生活習慣の異なる人々の相互理解を尊重しながら、より多くの人々が
安心できる暮らしやすい文化・環境・社会づくりに寄与する事業を推進していきます。

ベジカルチャーネットワークの事業計画

<イベント開催事業>
①東京ベジフードフェスタの企画・運営・広報(年1回)
代々木公園にて東京ベジフードフェスタを開催し、ベジフードの魅力を多くの方に伝えます。

②育ベジ会の開催(不定期)
ベジフードで子育てをする人達の交流の場を提供します。

③異業種交流会の開催(不定期)
東京ベジフードフェスタにご出展頂いた店舗様や企業様のための交流の場を提供致します。

④一般市民交流会の開催(不定期)
ベジフードに関連する、または興味のある様々な人達の出会いを促し、
1人1人のベジフードライフの充実を図ると共に、より大きいネットワーク作りへと繋げます。

<情報交換及びネットワーク構築事業>
他イベントへの参加(不定期)
ベジフードに関連する専門家・団体等の主催する様々なイベントに参加・協力することで、ベジフードの普及に貢献するだけでなく、主催団体や他参加者とのより良い協力関係を構築します。

<講習会・講演会事業>
①講演会の開催(不定期)
ベジフード中心の食生活について、正しい知識や実践の仕方、取り巻く状況などを一般市民に伝えます。

<普及啓発事業>
①メルマガの配信によるベジフード情報の提供(不定期)
健康や環境によい商品情報や出版書籍、飲食店情報、各種ニュースなどを購読者にメールにて配信します。


<調査研究事業>
①ベジフードに関連する生産者や提供者・消費者に対する、意識・実態調査(アンケート)
より正しい状況把握に努め、各事業の成果を見定めると共に、事業内容の修正を図ります。

 

NPO法人ベジカルチャーネットワークの詳細や活動は法人の公式ウェブサイトをご参照ください

団体基本情報(法人公式ウェブサイトが開きます)

 

連絡先

102-0074
東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
NPO法人ベジカルチャーネットワーク
東京ベジフードフェスタ実行委員会
FAX:020-4662-0359
※なお、事務所は不在が多いため、出来るだけメールでのお問い合わせをお願いいたします。
メールでのお問合せはこちら


役員

photo_takanorinakamura_s

中村高徳
理事長/事務局長(東京ベジフードフェスタ(旧)実行委員長) 

高校卒業後、苦手だった物理、哲学にはまり、人生とはなんだろう、魂とはなにかと疑問を持つ。
子供の時から神秘が好きで、神、天使、心霊、UFO、UMA、妖精、妖怪など怪奇現象の本を図書館にて読む。

日本工学院専門学校臨床工学科を卒業後、臨床工学技士の資格を取得し、地元の中央病院にてMEとして、透析室、呼吸器管理、オペ室などで3年間勤務。
勤務中、病気とは何か。
何故、待つ人のもとに帰れないのか。
病院では、病気は治せないのではないだろうか、と疑問を持ち、
病院及び西洋医学に疑問を持ち、祖父の死後退職する。
成功哲学と株式の師に弟子入りをし、バイトをしつつ株式トレードを始める。師の指導のもと、ヴィーガンになる。菜食による、病の治療を期待し以後、トレードをやめ、師の助言のもと、ベジタリアンたこ焼き、まんまるやき三八を立ち上げ、ベジフェスの仕事と両方に日々力を注いでいる。
「この世から病をなくす」「世界の子供たちを助けたい」を掲げている。

生き方のポリシー
・己を磨き、誰かを守れる盾になる
・危険な時ほど、前進
・困っている人を見捨てない

座右の銘
・「真理は、神秘の中にあり!」

将来の夢
・ベジフードの市場として、世界一の企業を作ること。
・菜食やヨガ、運動療法などを取り入れ、西洋医学と合わせた独自の病院を立ち上げること。

尊敬している偉人
・アイザック・ニュートン
・毛利 元就
・劉備 玄徳
・諸葛亮 孔明